おりがみで長靴を作ってみよう!(サンタのブーツにもなるよ)

子供の頃は長靴が履きたくて雨が待ち遠しかったのを覚えていますか?

大人になるとうっとうしいだけの梅雨も子供にとっては長靴を存分に履ける待ち遠しい季節。

雨が降るとお気に入りの長靴を履いて外に飛び出して行ったのがなつかしいですね。

水たまりに飛び込んだりちょっと深い所はそーっと通ったり…

そんな長靴をおりがみで再現しました。

お気に入りの一足になるように、ぜひお気に入りの柄の折り紙で折って下さいね!

スポンサーリンク
336-280

長靴を折るときに用意するもの

折り紙1枚

おりがみ:1枚(長靴1足作るなら2枚必要)

折り紙の柄で出来上がりが大きく変わるので柄選びが大事です。

長靴の折り方(画像付きで解説)

1.まず半分に折ります。

長靴の折り方1

2.開いて片側を点線の位置で折ります。
15cm角の折り紙で1cmぐらいがちょうど良いと思いますが、ここはお好みで。

長靴の折り方2

3.裏返して点線の部分を折ります。

長靴の折り方3

4.裏返して点線の部分を折ります。これで長靴の筒の部分の長さが決まりますが折り紙の幅の大体1/3以上の長さにするとつま先が折れなくなってくるので気を付けて下さい。

長靴の折り方4

5.半分に折って点線部分を矢印方向に折ります。(背を先程の折り線に合わせるように)

長靴の折り方5

6.長靴の折り方で一番難しい所です。
開いて袋状に開き写真の様にたたみます。

長靴の折り方6

7.点線部分を矢印方向に折ります。

長靴の折り方7

8.さらに点線部分を矢印方向に折ります。もう少しで出来上がりです!

長靴の折り方8

9.点線部分に折り線を付け内側に折りこみます。難しかったら片側に折りましょう。

長靴の折り方9

10.手順4の時に折り線を半分しか付けていないので裏面がきれいに仕上がっています。
表となる側の反対側に折り線を付けて折っていくと仕上がりがきれいになります。

長靴の完成

長靴は折り紙の色と少しの工夫でサンタのブーツにも

赤い折り紙で折るとサンタさんのブーツになります。
この時つま先部分の折り方を変えるとまた違った雰囲気になります。

長靴とサンタのブーツ

黄色い長靴は手順4の9.5cmの所を8.6cmで折っています。
これぐらいがつま先が作れる限度の長さのようです。(15cm角の折り紙の場合)

このように、長さや色を変えるだけでずいぶん印象が変わります。

自立もするのでぜひ二つ折って一足分揃えて飾って楽しんでください!

スポンサーリンク
336-280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336-280

コメント