おりがみでクジャクを作ってみよう!【画像解説付き】

動物

クジャクは派手で美しい鳥。動物園で初めてみたときに感動した人も少なくないと思います。

羽を広げる瞬間が見たいのになかなか開いてくれなかったりするのもあるあるです。

また、派手なのはオスで、目玉のような模様の数が多いほうが求愛が成功しやすいんだそうです。メスは地味で、これは巣の卵を守るときに目立たなくするため。

ちなみに、今回は緑の折り紙を使いましたが、白の折り紙で折って模様は自分で描くというのもありです。

それでは、おりがみでクジャクを作っていきましょう。

スポンサーリンク

クジャクを折るときに準備するもの

準備するもの
・折り紙1枚

折り目がしっかりと入っている方が映えるので定規を使って折り目を強調してもいいでしょう。

クジャクの折り方(画像つきで解説)

1.裏(折り紙の白い方)を表にして折り紙を置き、横に折り目をつけます。

クジャクの折り方1

2.左下の角を1でつけた折れ線に沿わせて、中心に向けて折ります。

クジャクの折り方2

3.左上も同じように折ります。

クジャクの折り方3

4.中心から下を後ろに折り、下の画像の状態にします。

クジャクの折り方4

5.左側の三角(色が見えている方)を、中心から右に折り曲げます。

クジャクの折り方5

6.片手で折り紙を持ち、反対の手の指を三角の中に入れます。

クジャクの折り方6

袋を広げて折りたたみ、下の画像の状態にします。

クジャクの折り方6-2

7.色が見えている部分の左右の角を、下の角を起点に中心線に向けて折ります。

クジャクの折り方7

8.画像の黒点線で谷折りをして折り目をつけておきます。

クジャクの折り方8

9.7~8で折った所を一旦開き、折れ線の通りに折りたたんでいきます。

クジャクの折り方9

クジャクの折り方9-2

10.裏返して、白い四角部分、右下の角を左上の角に合わせて折り上げます。

クジャクの折り方10

一旦開いて、袋を開いて写真のように広げて折りたたみます。

クジャクの折り方10-2

11.白い三角部分、右側を中心線から左に倒します。

クジャクの折り方11

さらに、そこから中心線に沿って折ります。

クジャクの折り方11-2

12.一旦開いて、折れ線の通りに広げて折りたたみます。

クジャクの折り方12

13.黒線から上に折り上げます。

クジャクの折り方13

左の1枚を右に倒します。

クジャクの折り方13-2

14.左側の三角でもう1セット、同じように折ります。2セット折った状態です。

クジャクの折り方14

15.上下に180℃回転して向きを変え、色が見えてる部分で白い部分を覆うようにかぶせて折ります。

クジャクの折り方15

16.黒線のところで折り目をつけ(色が見えてる部分の縁に沿うように)、開いて中割り折りをします。

クジャクの折り方16

残りの7ヶ所も同じように折ります。

クジャクの折り方16-2

クジャクの折り方16-3

17.胸~頭部分を折っていきます。

クジャクの折り方17

折りやすいように少し開き、写真のように羽部分と首部分が直角になるように中割り折りをします。

クジャクの折り方17-2

18.首部分も羽に対してやや直角になるように、中割り折りをします。

クジャクの折り方18

同じように中割り折りで顔部分を折ります。

クジャクの折り方18-2

19.片手で胴体を持ち、ゆっくり羽を左右に開き軽く根元で折り目をつければ、羽を広げた孔雀の完成です。

クジャクの完成

最後に・・・

どうでしたか?うまく折れたでしょうか?

早く折ろうとするとどこを折ったかわからなくなるかもしれないので、はじめはゆっくりと折ってみてください。

広告や新聞紙で大きいサイズ、おりがみを1/4に切って小さいサイズを作るとまた違った印象のものができますよ。

動物園でクジャクを見た後に子どもに折ってあげると喜ぶこと間違いなしです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました